ヘルペスは口や性器だけではない

男性の性器からヘルペスが女性の喉に感染する事はある

ヘルペスには1型と2型があり、1型は唇などの上半身に菌が感染して発症しやすく、2型の場合は性器などの下半身に感染して発症しやすくなっています。
口などに出来るヘルペスと性器に出来るヘルペスは基本的には別の菌であり、昔は喉から性器への感染や性器から喉への感染はないと考えられていました。
ところが最近では昔と比べて性に開放的になってきているためか、男性の性器を口で愛撫するフェラチオなどを行う事に対して抵抗のある女性は少なくなっていて、性器から喉への感染や喉から性器への感染が増えてきています。
ヘルペス自体は男性と女性が共にかかる性病ですが、女性の方が割りが高く、しかも一度感染するとウイルスを身体から完全に取り除く事が出来ないために、免疫力が低下した時に菌が増殖して再発しやすいです。
一度感染すると年に1、2回程度の割合で再発するようになると言われています。
男性の性器を口で愛撫するのは問題ないのではないかと考えている人もいますが、ここでも説明したように口であっても感染するために安易に考えない方が良いです。
また、明らかにヘルペスの症状が現れている時には菌がかなり増殖しているために接触は避けるべきですが、症状が現れていない場合であっても表面にウイルスが存在する可能性はあるので絶対に感染しないという訳では無いです。
ヘルペスが喉に感染すると、咽頭炎や口内炎などの症状が出てきます。
そして、性器であっても喉であっても感染した状態でオーラルセックスをすれば、お互いに喉にも性器にも感染してしまう可能性があります。
もし、パートナーか自分がヘルペスに感染している場合には相手も感染している可能性が十分にあるために、一緒に検査をする事が大切です。