ヘルペスは口や性器だけではない

ヘルペスにかかった女性は放置しないように気をつける

ヘルペスにかかった女性は、その症状を放置しないように気をつけなくてはいけません。ヘルペスの症状は一般的な病気の症状ではなく、性病の一種です。感染経路は性行為が99%なのでパートナーと行為をする時には十分気をつけなくてはいけません。ヘルペスウイルスというウイルスが移ることによって感染し、最初の内は何の自覚症状もありませんが数日間の潜伏期間をおいてから発症することになります。クラミジアなどのほかの病気と異なって高熱を発症することがあるため身体への負担が大きくなることが特徴です。
また、ヘルペスにかかると感染部位に急激な違和感を覚えるようになります。それは痛みであることもありますし強烈なかゆみであることもあります。しばらく放置していると感染部位に水ぶくれのような症状が出てきてほどなく潰れます。病変がたくさん生じるようになるため、数日した後には排尿が出来ないほどの痛みを感じるようになります。女性の場合は特に痛みが激しくなることが多いため、排尿ができないことになることも多いです。そのため、ヘルペスになった後に放置することは本当に身体に良くありません。
また、ヘルペスウイルスは外陰部分だけに留まるだけではなく膀胱や子宮に対しても及びます。ウイルスが骨髄にまで達して骨髄円という非常に重い病気を患うこともあるため注意が必要です。
このように女性の場合は放置すると症状がどんどん進行して取り返しの付かないことになってしまいます。正しい治療方法を実践すれば一週間程度で全ての症状を抑えることが出来るため、症状の自覚があるときにはすぐにでも医師に相談することが大切です。ヘルペスは早期に発見できれば難しい性病ではありません。